主な診察内容

の疾患

急性中耳炎

滲出性中耳炎

反復性中耳炎

外耳炎

耳管開放症

耳管狭窄症

突発性難聴

低音障害型感音難聴

メニエール病

耳鳴り

良性発作性頭位眩暈症

の疾患

急性鼻炎

鼻茸

アレルギー性鼻炎

シラカバ花粉症

急性副鼻腔炎

慢性副鼻腔炎

好酸球性副鼻腔炎

鼻出血

嗅覚障害

のどの疾患

咽喉頭炎

扁桃炎

声帯ポリープ

声帯結節

咽頭異物

喉頭癌

咽頭癌

kuriyama_ENT_aicon-etc_180727.png

その他

いびき

睡眠時無呼吸症候群

耳下腺炎

耳下腺腫瘍

顎下腺炎

顎下腺腫瘍

頸部リンパ節腫脹

kuriyama_ENT_aicon-mouth-cavity_180727.p

口腔の疾患

口内炎

舌癌

味覚障害

口腔乾燥症

治 療 器 具

アルゴンプラズマ
Kuriyama-027.jpg
オージオメーター
Kuriyama-029.jpg
電子スコープ
Kuriyama-025.jpg
吸入コーナー(ネブライザー)
Kuriyama-024.jpg
レントゲン
Kuriyama-030.jpg

治 療 法

2015年にダニの舌下免疫療法が保険適応になりました。ダニから抽出した成分を含むお薬を毎日舌の裏側に1分間含ませそれを飲み込んでいただく方法で体質を徐々に改善させダニに対するアレルギー症状の軽減や治癒を期待できる新しい治療法です。

詳しくは受診していただいた際にご相談下さい。

ダニアレルゲンの舌下免疫療法

アレルギー性鼻炎に対するアルゴンプラズマ凝固法

アレルギー性鼻炎の反応は主に鼻内の下鼻甲介というところで起こります。この下鼻甲介の表面の粘膜をアルゴンプラズマで焼灼しアレルギー反応を起こりにくくさせます。

 

適応

アレルギー性鼻炎でお悩みの患者さんの中で特に鼻閉の強い方、薬が効きづらい方、薬の服用を希望しない方が良い適応になります。

手術を静かに受けられる中学生以上が望ましいです。

 

効果

鼻閉の改善は約90%、鼻水は約80%、くしゃみは約70%の方に改善が見られるとされています。

1回の治療で効果は1~2年持続すると言われていますが、何度でも繰り返して受けることが可能です。

 

手術適応になるかどうかの判断や手術方法など詳しくは受診された際にご相談下さい。

Kuriyama-027.jpg

反復性中耳炎

過去6ヶ月以内に3回以上、12ヶ月以内に4回以上の急性中耳炎を繰り返した場合、反復性中耳炎

と診断します。

2歳未満の低年齢で集団保育をされているお子さんに見られることが多く原因菌が抗生物質の効きにくいいわゆる耐性菌であるケースが増加しています。

当院では不必要な抗生物質の長期投与はせず、その菌に効果があるかどうかを調べる薬剤感受性検査をした上で必要最小限の投与を心掛けております。

改善の見られない場合は免疫力を高める漢方薬を工夫して内服させたり、鼓膜換気チューブ留置を勧めております。

Kuriyama-023.jpg

こどもの中耳炎

小児期は病原菌に対する抵抗力が弱くまた耳と鼻の間の換気をしている耳管という管の働きが未熟なため中耳炎にかかりやすく、治りにくい傾向にあります。

とはいえ9割以上のお子さんは年齢とともに中耳炎にかかりにくくなり小学校高学年になる頃には治っていきます。

中耳炎の治っていく経過は様々で中耳に滲出液がたまっているだけの状態が長引くことはしばしば経験しますが、この様な場合ただ漫然と通院させるのではなく、現在の状況と今後の見通しを十分に説明し納得してもらった上で治療を行っています。

いびき

いびきの治療のひとつにナステントを勧めております。

ナステントは粘膜の刺激が少ない柔らかな材質でできたチューブでそれを鼻腔に挿入することで気道を確保しいびきを軽減させる新しい医療機器です。

1回ごとの使い捨てなので清潔で安心です。

ナステント.jpg

各 種 検 査

アレルギー検査

1度の採血で39種類のアレルギーの原因がわかる血液検査「view39」を行っております。詳しい検査項目はこちらで確認できます。

インフルエンザ検査

綿棒で鼻の奥の粘膜を採り、インフルエンザウイルスが検出されるかどうか調べます。

溶連菌感染症検査

肺炎球菌検査

アデノウイルス検査

耳管機能検査

耳管は鼻と中耳をつなぐ管で中耳と外気の気圧の調節をしています。この耳管の機能が正常かどうかを調べる検査です。

睡眠時無呼吸症候群の検査

自宅で普段と同じように寝ている間にできる検査です。手の指や鼻の下にセンサーをつけ、いびきや呼吸の状態から睡眠時無呼吸症候群(SAS)の可能性を調べます。